Install this theme

生活保護費2億6000万円着服に使われた課内の「印鑑550本」の“異様”…弁護士「職場は異常な雰囲気だった」、公費不正の“闇”

生活保護費をめぐる不正に揺れた大阪府河内長野市。約2億6千万円の巨額の保護費を着服していたされる宮本昌浩被告(44)=業務上横領罪で起訴、公判中=の審理がゆっくりと進行する中で、市が原因究明と再発防止策を諮問している外部調査委員会が中間答申をまとめた。この中で判明したのは、市の生活保護費を所管する生活福祉課に、領収書偽造に使用した印鑑約550本が保管されていたこと。課員の多くが印鑑の存在を把握していたという。さらに、別の課員がこの印鑑を使って領収書を偽造し生活保護費を不正支出していたことも判明。同市の不正の根はかなり深そうだ。

外部調査委の中間答申

 外部調査委員会は昨年11月から委員会を定期的に開き、宮本被告の生活福祉課の上司や同僚のケースワーカーら関係者のヒアリングなどを実施して、中間答申をまとめた。

 外部調査委の中間答申で新たに指摘されたのが、課内に約550本の印鑑が保管されていたこと。宮本被告が領収書の偽造に使用していたという。「職場の人が全員というわけではないが、印鑑があることをわかっていた」と新倉明委員長(弁護士)は指摘。課内が「異常な雰囲気」だったとした。

 宮本被告が犯行を続けることができた当時の職場環境について、中間答申では「不審な点について原因を徹底的に調査、解明して対策を取る雰囲気でもなく、有能と評価されていた宮本被告を増長させ、被害を増大させた遠因」と結論づけている。

2億6千万円以外も?

 宮本被告の2億6千万円の着服については、保護費の支給額を決定する電算システムの業務と経理事務を宮本被告が兼務していたときのもので、本来の経理担当者が産休のときだった。平成13(2001)年から生活保護所管課に在籍していた宮本被告は、この経理担当者が最初の産休をとった17、18年度にも不正支出を行っていた疑いがあり、被害総額はさらに大きくなる可能性もある。

 「やった本人が一番悪い。善良な人であればこの制度でも大丈夫だが…」。中間答申後の新倉委員長は記者会見でこう述べた。

 これまでも指摘されているように、宮本被告が電算システムと経理事務を兼ねていたことを新倉委員長は「本件を引き起こした最大の原因」と指摘。その上で「上司のチェック、日頃の点検がまったく行われていないに等しい状況だった」と強調した。

別の不正支出も

 一方、課内での別の不正行為も明らかになった。40代の男性主査が17年9月から23年6月までの間、受給者が窓口に保護費を取りに来なくなったのに、受給者が保護費を受け取ったかのように領収書を偽造するなど、計約268万円の保護費を不正支出していた。約268万円は使われずに課内に保管されており、実質的な損害はなかったが、こちらもずさんな管理態勢が背景にあったとみられ、この領収書偽造にも課内に保管されていた印鑑が使用されていた。

この男性主査は「忙しくてわずらわしかった」と説明しているという。

宮本被告の犯行動機は

 宮本被告の事件の公判については、大阪地裁堺支部で審理が進行中。今年1月の初公判で宮本被告は起訴内容を認めたが、その後も追起訴が続いており、証人尋問や本人質問には至っていない状況だ。

 起訴状などによると、宮本被告は、例えば22年1月だけでも計20回、1回あたり10~60万円を、市役所内のATM(現金自動預払機)から引き出し着服している。ほぼ毎日、犯行を重ねていたことになる。

 今ひとつはっきりしない動機は何か。初公判で明らかになった調書からは、幼少時から質素な生活を余儀なくされ、「金は使うことより保全に意味がある」などと供述していることが判明。着服した金は、派手に消費するためのものではなかったようだ。

 ただ、宮本被告の弁護人は初公判終了後に「(動機は)いろいろ。検察の指摘がすべてとは思えない」と述べている。

一方、弁済について市は、2億6千万円だけでなく、今後の調査で確定させる横領額や民法上の年5%の遅延損害金、事件の調査に要した費用などをの支払いを請求すると発表。市の担当者は「(宮本被告の)資産の範囲内で2億6千万円プラスアルファの分の支払いは十分可能性と見込んでいる」としている。

fuyushowgun:

Darling Don’t Dance (2) (by Bjørn Giesenbauer)

fuyushowgun:

Darling Don’t Dance (2) (by Bjørn Giesenbauer)

fuyushowgun:

Darling Don’t Dance (1) (by Bjørn Giesenbauer)

fuyushowgun:

Darling Don’t Dance (1) (by Bjørn Giesenbauer)

まる子→漫画家
姉→男に騙され借金肩代わり、ソ○プで返済するも男性恐怖症で現在母の年金でヒキコモリ
母→年金でいまは姉と二人暮らし。
父→八百屋の雇われ店員を続けるもまる子が中学生の時に多額の借金と女を作り駆け落ち。数年後に北海道で凍死しているところを発見される。
お祖父ちゃん→アニメとは違いまる子をとことん嫌っていた。まる子が小6の時死去。葬儀でまる子が「やったーお寿司だぁ~」と喜んだのは有名。
お祖母ちゃん→ヒロシの借金と駆け落ちに絶望し居間で首吊り

50watts:

Calligraphic works by Iku Nagai (scanned from the 50 Watts hoard)